チャレンジ

ただ目標もなくダラダラと練習していても面白くない。

素人が短い期間でコースに出るには、先生に習おう。友人に聞いて探して貰ったところ、今回お世話になっている森脇コーチとの出会いへとつながって行きました。

全盲の方へのレッスンは初めてですが、私で良ければと快く引き受けて下さいました。

今年の9月末、第1回目のレッスンが始まりました。

道具すら持っていない久原さんに森脇先生から渡された1本のドライバー。

通常丸い形のグリップは久原さんにとって、フェース面がどこを向いているのかさっぱり分かりません。

そこで先生はグリップに細い竹串を入れて指の引っかかりが良くなるよう工夫したクラブを、わざわざ作って下さいました。

ボールが見えなくてもスイングの形が出来れば、必ず当って飛びます、

という言葉を励みに練習しています。

久原さん体が硬いねと先生から指摘され、腰が回らないとぼやいています。

やるからには盲人ゴルフの大会に出ると大きな目標を立て、

自宅でも日々シャドウスイングで腰を回す練習を続けています。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
simplecityレクタングル(大)
simplecityレクタングル(大)

フォローする